おじさんを大人のいい男にするメンズファッションマガジン

かっこいいおじさんになろう。

ライフスタイル

海外の観光地や遺跡でいまいち感動しないという方へ。アメリカのグランドサークルに行ってみるといい。

投稿日:2018年6月28日 更新日:

海外旅行に行きたいんだけど

観光地、寺院や遺跡といった、人間が作ったものに、あまり興味がない。感動しない。

もしくは

行ったんだけど、いまいち感動しなかった、できなかったって人

いませんか?

おれも、観光地、寺院や遺跡というものに、あまり興味がない・・・

連れられて、行っても「ふ~ん」という感想で、いまいち感動しない。

でも、せっかく来たんだから、感動したい、興奮したい。って人。

そんな人は、アメリカの「グランドサークル」をまわるといい。

「グランドサークル」は、大自然が作りだした、信じられないほど壮大な絶景が何か所もあるエリア。

興味があるとか無いとか関係なく、人間の理解を超えた壮大さに、なにかを感じるだろう。

「グランドサークル」とは?

グランドサークル(The Grand Circle)は、アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるパウエル湖という巨大な人造湖を中心に、半径230km の円を描いた時、その円(サークル)の中に含まれるエリアの呼称。
10の国立公園、16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園が、その円(サークル)の中に含まれる。

グランドサークル

代表的なものがこれ。

グランドキャニオン

アメリカ グランドサークル グランドキャニオン

モニュメントバレー

アメリカ グランドサークル モニュメントバレー

アンテロープキャニオン

アメリカ グランドサークル アンテロープキャニオン

ホースシューベンド

アメリカ グランドサークル ホースシューベンド

なお、キャニオンとは、峡谷、両側が切り立った深い谷のこと。
バレーは、山にはさまれた広い谷のこと。

 なにがどうすごいのか?

目的地に行くだけでアメリカの広さに驚く。

飛行機でアメリカについて、レンタカーなり、ツアーなりで、グランドキャニオンなりモニュメントバレーといった目的地へ向かっていく。

目的地までのドライブでは、広大な荒野や砂漠を突っ走るだろう。

なんにもない広大な荒野、地平線まで続くまっすぐな道。時折でてくる名もない山や岩。
これ見るだけで、アメリカの広さに驚く。

アメリカ フリーウェイ 地平線までまっすぐな道

目的地についたら大きさに驚く。

グランドキャニオンやモニュメントバレーの写真ぐらいは見たことがあると思う。

どえらく広くて、どえらく大きいのは、写真で見て取れるだろうが・・・

実際、行ってみると、写真を遥かに超える広さ・大きさに驚く。

例えば

グランドキャニオンであれば、写真で見てとれるのは、まぁ大きく見れても、数kmだろう。

しかし、実際、グランドキャニオンは、長さ446km。

446キロメートルね。

幅6km~29km。断崖は平均の深さ約1200m、最深地点は1800m。

写真に写るもんでないんだ。

よく見かける写真は、サウスリムというビュースポットから取ったグランドキャニオンのほんの一部だ。

全部は見ることなんて、到底できない。そんな広さ・大きさなんだ。

経験したことのない感じ方

グランドキャニオンが一番思うんだが、初見では、感動できないんだ。

なんというか、写真を見ているような気分で、素直に感動できない。

うそみたいで、だまされているような、現実でないような。

人間の理解を超えているからそう思うのか?理解が及ばないものにはそんな感じとなるのか?
わからないが、ただ、ただ、グランドキャニオンがそこにあるな。。。としか感じない。
それ以外、言いようがない。

そんな感じ方したことある?

おれは無かった。
ほんと、1日目は、すごいとは思うんだが、感動できなんだ。

次の日、また、グランドキャニオンへ行く。
グランドキャニオンは、昨日と同じ。
何年も何十年も何百年も同じだ。

2日目も、グランドキャニオンを眺めていると、少しづつ、少しづつ、そのデカさが解ってくる。

そのすごさが染みてくる。

ずっと見てられる。

なにも変わらないのに、上みたり、下みたり、右へ行ったり、左へ行ったり。

そんなところなんだ。

グランドサークルの行き方

折角なら、ツアーじゃなくて、自分の力で行ってほしい。
冒険気分で。オススメの行き方。

日本からロサンゼルスへ飛ぶ。

格安航空券で、日本からロサンゼルスへ飛ぶ。

別に、ロサンゼルスでなくても、お目当ての目的地にあわせて、PhenixやSal Lake Cityでも良い。
とにかく安いチケット探して、飛ぶ。

レンタカーを借りる。

空港で、レンタカーする。
レンタカーは、日本で予約していったほうが良い・安い。

どこか違う空港で乗り捨てるなら、乗り捨て料金も確認しておくこと。

グランドサークルの目的地へ車を走らせる。

どこからでもいい。
グランドサークルの目的地へ車を走らせる。
どこにいくかによるが、とにかく広くて、時間がかかる。
ガソリンスタンドがあまりないエリアもあるから、ガソリンだけはこまめにいれること。

途中の宿は、現地で決める。

宿は事前に予約しない。
現地で、車走らせながら、Booking.comなんかを使って、Motelなり、コテージなり、気ままに赴くままに、宿を決める。

たまには、車中泊やキャンプ場にでも、つけて、キャンプ泊すればいい。

それも良い思い出になる。

まとめ

グランドサークルへ行って、感動するか?心が震えるか?それは保証できないが、なにかを感じるはず。

少なくとも、「ふ~ん」では終わらない。

グランドキャニオンは、必ず行ってほしい。

そして、おれが書いた「経験したことのない感じ方」を実感してみてほしい。

その他、アメリカ西海岸の旅行については、以下記事見てほしい。

アメリカ🇺🇸西海外カルフォルニアの旅。本当のアメリカを見に行く!

日本人であれば、アメリカのことは、少なからず知っている。 理解しているはず。 広いってこと。 いろんな人がいるってこと。 ...

以上 「大人旅。せっかくの海外旅行、観光名所、寺院や遺跡といったものに興味がないという方へ。アメリカのグランドサークルに行ってみるいい。」でした。

-ライフスタイル

Copyright© かっこいいおじさんになろう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.