おじさんを大人のいい男にするメンズファッションマガジン

かっこいいおじさんになろう。

海外旅行でタクシー乗るなら、Uber(ウーバー)が安全・快適・安いです。Uberの使い方、教えます。

2018年8月5日

Uber(ウーバー)とは?

スマートフォンのアプリで、タクシー配車サービスです。

タクシーと言っても、来るのは普通の車。一般の人が、自分の車で、来ます。

会計は、事前登録しておくクレジットカードで決済します。

チップも含め、現金は不要です。

特徴は?メリット・デメリット

メリットは、なんと言っても、普通のタクシーより安いってこと。

その他、こんなメリットがあります。

  • 乗る場所も行く場所もスマホの地図で指定するから、間違いがない。普通のタクシーだと、来てもらうなら、電話なりで、来てほしい場所を言わないといけないですね。メジャーなとこであれば、いいけど、こみいったとこなんか、英語なり、現地の言葉なりで、説明するのは、なかなかハイレベルですよ。

    Uberは、スマホの地図で(Google Mapみたい)で、今いる場所がすぐわかるし、来てほしいところをピッとタップするだけなので、説明不要。

    行きたい場所も同様。

    間違いがなくていい。

  • 明朗会計で、ぼったくりがない。海外だと、タクシーの料金は、事前に交渉しないといけなかったり、なんか高かったり、ぼったくりだったりすること、まぁ、たまに出くわします。Uberだと、乗る場所と行く場所を設定したら、もう金額がでます。行き方、ルートもでます。
    納得なら、呼べばいいし、納得できないなら、キャンセルできます。

    まず、落ち着いて、決めれます。

    乗ったあと、Uberアプリで、評価に加えて、チップも払えます。
    ドライバーに現金でチップ渡す必要がありません。
    落ち着いて、チップを考えれます。

たいした問題ではないが、デメリットもあります。

  • スマホと通信手段が無いと利用できません。圏外も当然使えません。
  • クレジットカードが必要。海外は、クレジットカードのほうが安心ですがね。現金主義な人には、デメリットですかね。
  • ドライバーが一般の人。車が自家用車。ドライバーは、プロのタクシードライバーではありません。
    来た人によっては、感じ悪かったり、運転荒かったり、することもあります。車も自家用車ですから、来た車によっては、オンボロだったり、乗り心地が悪かったりすることもあります。

    ※ 私、アメリカ・メキシコで、かなり使いましたが(20回は使った。)不快なドライバー、不快な車にあったことはありませんでした。
    タクシーのほうが、不快な確率高いような・・・印象持ってます。

  • だいたい、主要都市しか使えない。田舎だと、ドライバーいないことあります。
    アメリカであれば、主要都市は、タクシーなみにいます。

使える国と都市は?

世界中、主要な都市は、だいたい使えます。
アメリカであれば、主要都市は、ほぼ使えます。

ハワイもオッケー。

ヨーロッパも主要都市は、使えます。

アジアも、韓国、台湾、香港、タイ、マレーシアと使える国多数。

オーストラリアもオッケー。

日本は、ダメです。ハイヤー?高級車だけ呼べるようです。
はぁ~?ですね。ほんと。

ただし、どの国も、主要な都市は、使えるが、田舎は使えない(ドライバーがいない)があるから
注意してくださいね。

Uberの使える都市の一覧。検索もできます。

https://www.uber.com/ja-JP/cities/

登録方法と使い方

日本で、登録しておいたほうがいいですよ。

海外で、空港着いたら、ホテルまで、タクシーって時、Uber使ったほうが安いので。

海外で、いざ使おうって時、電波が悪いとかで、アプリ落とせないとかで、あたふたしないように。

  1. スマホでUberアプリをインストールUberサイトの「アプリをゲットする」からどうぞ。https://www.uber.com/ja-JP/
  2. Uberアプリを立ち上げて、アカウント登録Uberの使い方氏名、電話番号、メールアドレスとクレジットカードの登録が必要です。

    氏名は、アルファベットで入れましょう。

    ※私の招待コード「exuwk5」 があります。

    これ入れたら、初回乗車が無料(もしくは、割引)になるので、良かったら使ってください。私も次回乗車が、1500円オフになるんです!

  3.  登録終われば、すぐ使えます。Screenshot_20180805-123929
  4. 行き先を指定します。行き先の名前、住所等を入力するか、地図上で選択します。
  5. 出発場所(来てもらう場所)を指定します。デフォルトで、現在位置が、出発場所(来てもらう場所)になっているので、出発場所のフィールドをタップして、出発場所を選択します。出発場所は、乗りやすい場所、とまりやすい場所を選ぶといいですよ。

    例ですが、ホノルル空港から、ワイキキビーチまで、指定したら、こんな感じです。

    Uberの使い方
    ホノルル空港、ワイキキビーチ間は、普通のタクシーだと、$40 + チップ らしいのでUberX(セダンタイプ)で$25.69は、だいぶ安いですね。

    そうなんよね。 Uber 安いんですよ。

  6. 車のタイプを選ぶ。上のスクリーンショットにあるようにUberX、UberXL、Selectといった車のタイプがあります。まぁ、普通の車、大きい車、いい車といった感じです。

    UberX : 1-4人乗りのセダン
    UberXL : 1-6人乗りのバンかSUV
    Select : 1-4人乗りの高級車で高評価ドライバー

    人数と荷物にあわせて、選びましょう。

    車のタイプは、このページ見てくださいね。

    https://www.uber.com/ja-JP/ride/

  7. 配車を待つ。車のタイプ選んだら、一番近くにいる車をUberアプリが選んで、配車します。配車の車が、どこにいて、何分でくるか?、全部アプリで見ていれます。

    アプリ見ながら、少々待ちます。
    あと5分でくるって書いてますね。
    Uberの使い方

  8. 車を見つけたら、挨拶して乗車。アプリで、だいたい近くに来たなら、車種とナンバーを見て、車見つけます。助手席でも、後部座席でも、どちらでもいいので、乗車します。

    乗車したら、必ず、元気よく挨拶しましょう。

    Hiでも、Helloでも、How are youでも

    ドライバーさんも、名前を確認してくるので

    Are you hillpoint?

    Yes I am 等。

    答えてください。

  9. 目的地に到着。挨拶して降りる。Thank you! Have a good day!降りるときにチップは渡さなくていいです。
  10. 評価とチップを入れて、終了!Uberアプリが評価とチップの画面に切り替わるので評価入れて、チップを入れましょう。

おまけ:ドライバーさんとの会話

私は、アメリカとメキシコで、Uber、20回は使ってます。
空港から、ホテルまでは、ほぼUber使います。
だって、タクシー高いんだもん。

Uberで嫌なドライバーさんに会ったことなく、逆に、Uberやってるドライバーは、とてもフレンドリー。

やっぱ、これやろうなんて思った人は、アクティブな人が多いんだと思います。

海外行って、日本から来たって、言うと、何人かにひとりは、「おれ、日本、大好きなんだ!」って人いますよね。

そおいう人、多かった印象あります。

いつか、行きたいんだ!とか、誰々知ってるか?とか、いろんな話してくれるんですよ。

海外って、たまたまだけど、会って、話をした人の印象で、その国の印象が決まるんですね。

空港着いて、ホテルまで、タクシー乗るなら、Uberにしたほうが、いいと思います。

是非、おすすめ。

以上 「海外でタクシー乗るなら、Uber(ウーバー)が安全・快適・安いです。Uberの使い方、教えます。」でした。

-TRAVEL

Copyright© かっこいいおじさんになろう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.