おじさんを大人のいい男にするメンズファッションマガジン

かっこいいおじさんになろう。

アメリカ🇺🇸西海外カルフォルニアの旅。本当のアメリカを見に行く!

2018年4月28日

日本人であれば、アメリカのことは、少なからず知っている。
理解しているはず。

広いってこと。
いろんな人がいるってこと。
危ないこともあるってこと。

でも、本当のアメリカは行ってみないと解らない。

本当のアメリカを見に行く、カルフォルニア自力旅の仕方。

アメリカへ旅行しようと思っている方、参考にして!

1週間休みを取って9連休。
最後の1日は帰国した後の休養することとし、7泊8日。

飛行機で、ロサンゼルス入りし、ロサンゼルスでレンタカー。

ロサンゼルス、ラスベガス、グランドキャニオン、モニュメントバレー

車で見に行く!

サンフランシスコやヨセミテ国立公園なんかも入れてもいいね!

 アメリカ旅の前準備

まず、パスポート無い人、期限が切れた人は、パスポート取って。

アメリカ行くにはESTAの登録が必要。

ESTAとは、ビザ免除プログラム。クレジットカード決済で$14掛かります。

このサイトが詳しく書いてあっていいな。
【画像付き】アメリカ渡航に必要なESTAの申請方法を詳しく解説するよ

アメリカでは、レンタカー。
アメリカは、車社会。
大都市であれば、公共交通機関も利用できるが、いろんなところ、行こうと思ったら車が便利。

まずは、国際免許を取りましょう。
国際免許の取り方。

 西海外カルフォルニア旅の計画

オススメは、こうだな。

【1日目】

飛行機で、ロサンゼルス入り。
午前中か、午後一ぐらいに着くんじゃない?だいたい。
レンタカーをピックアップして、まずはビーチへ。

ロサンゼルス来たら、まずはビーチ!

ロサンゼルス ビーチ

空港近くであれば
Venice Beach(ベニス・ビーチ)
Santa Monica サンタモニカ ビーチ
いっぱいあるから、好きなのを選んでGo!

その後、ホテルへチェックイン。
その日は、時差があるから眠いだろうが、早寝しちゃいけない。

ホテルに荷物を置いて、レストランへGo!
アメリカっぽいレストランでステーキをかっ食らう!
アメリカ ステーキ

 

【2日目】

ロサンゼルス散策。
ロサンゼルスは、大都会。
行きたいところが満載となるが、都会でできることは、日本でもできる!
だからロサンゼルスは、2日目だけとする。

ロサンゼルスでは、ハリウッドやダウンタウンを見るもよし
ビーチに本格的に繰り出すもよし

自由だ!

【3日目】

ラスベガスへ移動。
車で、4~5時間じゃないかな。
朝一出発して、フリーウェーをかっ飛ばす!
※スピード違反に注意。
スピードチェックしているポリスが結構いる。

アメリカ フリーウェイ ルート66

荒野を突っ走ていると
オアシスか?
という感じで、大都市が現れる。

ラスベガス 夜景

なんだ?なにがあるんだ?
そう、ラスベガス。

ラスベガス 夜景 ピラミッド

ラスベガスでホテル泊。
ここは、気張って、いいホテルに泊まる。
着いたら、ホテルのカジノで一杯。

ルーレットやブラックジャックで、ディラーとの駆け引きを楽しむ。

ギャンブルは嫌いって人もいるだろうが、安心してください。

ラスベガスは、世界一の歓楽街。
街ブラするだけでも楽しめる。
グルメ・ショッピング・エンターテインメント
なんでもある。
回りきれないぐらい。

ここで注意。
ラスベガスも1泊だけとする。
なぜなら、この街は、めちゃくちゃ金がかかる。
調子ののって遊び呆けると、大変なことになる。
セレブなら別だが。

【4日目】

名残惜しいが、ラスベガスからグランドキャニオンへ出発。
車で、5~6時間はかかると思うな。もっとかかるかな。

グランドキャニオン

グランドキャニオンは全長400kmある渓谷。
サウスリムがビューポイントとしてオススメだ。

サウスリムは、遠回りとなるが、デザート・ビュー・ドライブまわりでアプローチする。

グランドキャニオンを知るために、ぜひ、デザート・ビュー・ドライブをまわるべきだ。

グランドキャニオンは、一見しただけでは、あまりに壮大すぎて
なんというか、初見では感動できない。

なにを言っているか解らないと思うが、行ってみたらわかる。

初見では、写真を見ているよう気分で、実感できないというか、感動できないだ。

なので、デザート・ビュー・ドライブを通り、その壮大さを少しづつ感じて、中心に至るというルートがオススメだ。

国立公園まで着いたら入園料($30)。

この入園料は、1週間有効なので、時間が少々遅くても、入ってしまう。
また次の日も、そのチケットで入園する。
でも日が暮れたなら、明日にする。

グランドキャニオンの宿泊先は、国立公園内のホテルやロッジがあるが、これらは、人気が高く、かなり前から予約しないと取れない。

取れたらラッキーだが、取れなかったら、グランドキャニオン近くの街でホテルやモーテル、ロッジに泊まる。

森の中のロッジみたいな宿泊先がいい。

アメリカ 森の中のロッジ

【5日目】

登山か?というぐらいの装備で、グランドキャニオンへ行く!

寒かったり、暑かったり、いろいろなんで、装備重視してください。

この日は、グランドキャニオンの谷底で一泊キャンプをする!

グランドキャニオン 谷底

事前にトレッキングツアーを予約しておくべし!

グランドキャニオンの崖下までは、片道6~8時間ぐらいかかる。
1泊必須!

なお、帰りは、登りでもっとかかる。

崖下でのキャンプは、これまでのキャンプの経験を一変させるようなキャンプとなる!

【6日目】

グランドキャニオンから這い上がり!
たぶん、かなりお疲れ。
6日目は、モニュメントバレー方面への移動と早めに宿に入り、休息!

宿も、気張らず、休息を取れれば良しとする。
気軽に泊まれるモーテルに泊まる。

モーテルっていっても、キレイで清潔で、十分リラックスできる。

アメリカモーテル

【7日目】

モニュメントバレーへGo!
モニュメントバレー

モニュメントバレーは、1日あれば、満喫できる!

モニュメントバレーには、メキシカンハット方面からアプローチして、フォレストガンプポイントにて
記念撮影をする!

モニュメントバレー フォレストガンプポイント

あと、お金に余裕があれば、レンタカーを四駆にしておくとモニュメントバレーのバレードライブ(Valley Drive)で大活躍するぞ。

【8日目】

ロサンゼルスへ戻り、空港入りしてフライト。

無事、帰国。
改めて、日本の良さに、感動する。

安全!
快適!
ご飯が美味しい!

アメリカは、マジで広い。
車で移動するにしても、どこ行くにも、結構時間がかかるから、移動時間は余裕持っておくべし。

 アメリカ旅の予約

まず、航空券、格安航空券は、格安航空券サイトで探します。

イチオシは、「トラベルコちゃん」

TRAVEL

最も安い海外格安航空券の探し方。トラベルコちゃんの「空席未確認の商品」を要チェックです。

海外の格安航空券の値段は、ピンキリ???。
安いの見つけるのは、根気良く検索することだね。

ニオシが、エクスペディア

次に、レンタカー
レンタカーは、日本にいる間に予約する。

レンタカーは、ちょっと難易度高いからね。

この記事見てください。注意事項あるよ!

TRAVEL

アメリカ🇺🇸でのレンタカーの簡単・安心な借り方、乗り方、乗り捨て方、教えます。

アメリカでレンタカーすると、左ハンドル、右側通行だけど、慣れれば簡単。

レンタカーは、alamoがオススメ。
スタンダードクラスを予約したとして、ロサンゼルス空港で、レンタカーをピックアップする場合
何十台も車があって、その中から自分の好きな車を選べる。

日本車も多数あるが、やっぱ、アメリカ行ったら、アメ車だろう。

ホテルも、Expdiaで探します。
飛行機とセットで安くなるか?要チェック!

民泊もいいよ。
Airbnb

TRAVEL

海外でのAirbnb(民泊)の体験談。海外でおすすめの使い方教えます。

海外で、民泊使わないのは、もったいない。
安いだけじゃなくて、セレブの別荘みたいなやつもある。
なにより、ローカルの暮らしを垣間見れる。

都市では、あえてホテルでなく、民泊に挑戦するも良し。

民泊もピンキリだが、一軒家丸ごと借りるようなタイプを選べば、別荘気分だ。

民泊では、アメリカの本当の暮らし、垣間見れる。

広~い敷地、芝生の庭、広~い家、リビング、キッチン
アメリカの暮らしの豊かさにためいきがでる。

民泊については、この記事参照!

 アメリカ旅行で最も大切なこと

どんなとこでも、必ず英語で挨拶すること!
Hello!
Hi!
Good moring!
Good afternoon!
Good evning!

元気に笑顔で挨拶すること!

なにかしてもらった時は、必ず英語でありがとうって言う事。
Thanks!
Thank you!
Thank you very much!

例えば、コンビニ的なお店で、なんか買う時、無言でお店入るのはNGだ。

お店に入ったら、Hello!って、元気に挨拶。

レジでも、無言でクレジットカード渡して、買い物するんじゃなくて
挨拶して、レシートでも、もらったら
Thank you! Hava nice day!
ぐらい言おう。

もし、旅で友人でもできたら、なにを言うにも、相手の名前を言ってから、話をするんだ。
ファーストネームで呼びあうことも、重要なコミュニケーションだ。

なんにせよ、旅の英会話ぐらいは、勉強しておかないと、この旅はこなせないぞ!

あわせて読んで

一生に一度しかできない大人旅。オススメまとめました。

大人になったら、仕事も一生懸命、遊びも一生懸命。
「一生に一度しかできない」「死ぬまでに一度はみたい」
そんな旅にでかけよう。

以上  アメリカ西海外カルフォルニアの旅。本当のアメリカを見に行く! でした。

-TRAVEL

Copyright© かっこいいおじさんになろう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.