おじさんを大人のいい男にするメンズファッションマガジン

かっこいいおじさんになろう。

ライフスタイル

メキシコの旅。バックパッカーが教える治安対策、おすすめスポット、タコスの食べ方!

投稿日:2018年4月30日 更新日:

メキシコって、知ってますか?

詳しく知らないでしょ?

なんでもあります!

ご飯、美味い!

ビーチ、きれい!

メキシコ人 底抜けに明るい!

太陽の国メキシコ。行くしかないですね。

まずは、メキシコの基本情報。

メキシコは、中米に位置し、日本の約5倍の国土面積をもつ大きな国です。
西は太平洋、東はメキシコ湾やカリブ海に面しており、ビーチリゾートとしてカンクンが有名。
気候は、赤道に近く年中暑いが、首都メキシコ・シティは、標高2000mの高地にあり、温暖で過ごしやすい。海岸沿いや南東部のユカタン半島などの低地は年間を通じて暑い。
そんな地形や気候の起伏に富んだメキシコは各地に多様な文化があり、遺跡や古都、ビーチリゾートなどの観光要素が盛りだくさん。

首都:メキシコシティ
言語:スペイン語
通貨レート:ペソ(1ペソ = 約6円)
物価:日本より少し安い。ミネラルウォーター500mlで10ペソ(60円)
フライト時間:約15時間(成田~メキシコシティ)
チップの有無:有り。
ビザ:90日以内の観光ならビザは不要。
電圧とコンセント:120/127/230VでA型

メキシコのイメージとしては

まず、治安が悪そう・・・

マフィア、ドラッグ、犯罪、強盗、スリ、ひったくり。

暑い?タコス?プロレス?と言ったところだろう。

メキシコの事前情報として

まず、治安ですが・・・良くはない。

貧富の差に伴い、スラム的な街が多数あり。危ない地域、路地は現地のメキシコ人でも立ち入らないものです。

タクシーも、そのエリアは避けて、運転するほど。

逆に観光地や上流階級の住む街は、街角に警察も多数いて、治安を維持してるもので治安がいいから、観光客が訪れ、上流階級が住むと言った感じでしょう。

ポイント

なので治安対策としては、危ない地域、路地をチェックし、立ち入らない事!

まず、これが重要。

また、観光地や空港、駅、バスターミナル等の人の多い所では、スリ、置き引き、ひったくりが発生するので、十分に注意すること。

これらをちゃんと注意しておけば、普通のメキシコ人は、底抜けに明るくて面白い!

食べ物も安くて、美味い!

ビーチから、都市から、遺跡と、見どころも多く、めちゃくちゃある!

面白い旅ができる!

メキシコの歩き方。教えます。

 大都市メキシコシティでタコスを食べる。

メキシコシティ
メキシコに飛行機で入る場合、メキシコシティにまず入るでしょう。

メキシコシティは、メキシコの首都であり、都市圏人口は2,023万人。
ラテンアメリカの経済の中心地であり、高層ビルが立ち並ぶ大都市です。

メキシコを甘くみてたら、まず、ここで、一発ガツーンとカルチャーショック食らいます。

人がいっぱい。車もいっぱい。渋滞だらけ。

クラクションが鳴りまくり。

サイレンが鳴りまくり。

地下鉄が縦横無尽に走っているし、メトロバスと呼ばれる路線バスが走りまくっています。

高層ビルが立ち並び、世界中の様々のビジネスマンが行き来しています。

メキシコシティには

なんでもあります。

なんでも買えます。

なんでも食べれます。

日本食だろうが、イタリアンだろうが、ステーキだろうが、韓国料理だろうがなんでも食べれます。

中米の東京に来たような感じです。

見ごたえのある歴史的遺産もたくさんあり、シティだけでも、十分に楽しめます!

まずメキシコ・メキシコシティに、来たなら、タコスを食べましょう。
メキシコシティ タコス

そこら中に、タコスの屋台があるので、スペイン語が話せなくとも、手振り・身振り・指さしでタコス頼んで食べましょう。

メキシコシティ タコス 屋台

屋台のタコスは、その場で立って食べる!
(椅子があることもある)
(メキシコ人がいっぱい食べてる。)

メキシコの基本、第1歩。

1個10ペソ(60円)ぐらいで、3つ食ったらお腹いっぱいなので、2つでぐらいで。

なんか種類がいっぱいある時は、mixって言っとけば、適当にmixして出してくれます。
何種類かのサルサソースが置いてあるので、それ掛けて食べる。

サルサソースは、激辛なことがあるので、ひとつずつ、1滴だけ、垂らしてみて様子を見る。

メキシコ サルサソース
なお、サルサソース無しでは、美味しくないので、必ず垂らします。

それと、ライムが置いてあるので、ライムもひと絞り。

スペイン語では、リモーンって言います。

だいたい味が解ったら、好きなサルサソースをたっぷり、かけて食べる。

これが美味いんだ。

たっぷりが。

日本人が想像していたタコスとは、まったく別もの。

皮(トルティーヤ)や具の種類(牛、豚、鳥、豆等等)もたくさんあって、屋台といっても、とても手間ひまかけて、しっかり料理しています。

とにかく、いろんなタコスが、いっぱいあるので、いろいろ試してみて。

それと、屋台の人たちは底抜けに明るい!

?どこから来たんだ?

?どれ食べたい?

?ソースは、どれがいい?

辛いぞぉ~

色々声かけられます。

基本英語は通じな
いので、最低限のスペイン語は憶えておく。
もしくは、指さし会話本で、会話する。

めちゃくちゃ楽しいぞぉ~!

屋台でも、だいたい飲み物(コーラや炭酸)売ってます。
近くにフレッシュジュース屋台があることも多いです。

メキシコ フレッシュジュース 屋台
ジュース屋台では、フルーツの生絞り100%ジュースが買えます。

好きなフルーツ選んで、サイズ選んだら、その場で絞ってくれます。

これがまた美味い!

 おすすめスポット:真っ青なカリブ海を堪能する。

メキシコシティでメキシコの雰囲気を堪能したら、ビーチへ飛びましょう。

DSC_0505

イチオシは、プラヤ・デル・カルメル。

メキシコのビーチリゾートと言えば、カンクンが有名ですが、カンクンは、世界的ビーチリゾート。
もちろん、お値段も世界的。
新婚旅行であれば、カンクンがいいかも。

イチオシのプラヤ・デル・カルメルは、カンクンの隣町で欧米人に人気の庶民派ビーチリゾート。

IMG_3402
庶民派と言っても、広大な敷地とプライベートビートを持つ、セレブな高級リゾートからドミトリー(相部屋)の安宿まで幅広くある。

お店も、たいていのものは、ある。

H&MやForever21といったファストファッションから高級ブランド店とかもある。
まぁ~ 困ることはなにもない。

プラヤ・デル・カルメルでは、ビーチは、向かいにある島(コスメル島)に行きましょう。

プラヤ・デル・カルメルにも、たくさんのビーチがあるがコスメル島のビーチの透明度にはかなわない。

絶対、コスメル島がオススメです。

カンクンからも、たくさんの観光客がコスメル島に来るぐらい。

片道40分ぐらいのフェリーで80ペソ(480円)で行けます。

3つほど、フェリーがあり、松竹梅だが、梅を選ぶべし。
呼び込みが激しいが、梅は、自力で見つけてください。
そんなのも旅の楽しみ方。

 おすすめスポット:インディ・ジョーンズの気分で古代遺跡を巡る

メキシコ テオティワカン 太陽のピラミッド

メキシコシティからであれば、太陽のピラミッド、月のピラミッドがあるテオティワカンがオススメ。

現地ツアー、レンタカー、バスなんかを利用し、メキシコシティからであれば日帰りで行ける。

世界3大ピラミッドとのことですが、メキシコのこのピラミッドは登ることができます。

写真よりも、実際のピラミッドは、大きく、高くて、びっくりすると思います。

登るのも結構大変。

そして、降りるのが、もっと大変。

高所恐怖症の人は、かなり怖いです。

昼ぐらいになると、観光客が多くなり、登るのも、順番待ちとなるので、なるべく、早めに出発して、まずは、太陽のピラミッドを登ることがオススメ。

プラヤ・デル・カルメルからだとカリブ海を見下ろす大神殿「トゥルム遺跡」がオススメ。

メキシコ トゥルム遺跡

カンクンやプラヤ・デル・カルメルからは、現地ツアーやレンタカー、バスなんかで日帰りで行けます。

この遺跡は、遺跡を見物しながら、飽きたら、ビーチに出て、ビーチ遊びができます。

メキシコは、本当、なんでもオッケーなところがいいね。

この遺跡には、ガイドとして、イグアナ君がいっぱいいるので、記念撮影なり、案内してもらったり
してもらってください。

メキシコ トゥルム遺跡 イグアナ
害はありません。
噛みついたり、吠えたりもしない。

近づくと逃げていくので、あんまいじめないように。

以上 「【大人旅:海外】太陽の国メキシコ。底抜けに明るいメキシコ人と交流する。治安対策からオススメの観光地までお届けします。」

-ライフスタイル

Copyright© かっこいいおじさんになろう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.