キューバの旅。お金、音楽、宿泊事情。本当のキューバ教えます。

2018年5月2日

まさに天国。カリビアンブルーの海。

エキゾチックな街並み。

社会主義ゆえの素朴さ。

アメリカ資本が入る前に!

キューバ 行ってみよう!

まずは、キューバの基本情報

キューバは、米国フロリダ半島の南に位置するカリブ海最大の島。
広さは、本州の約半分ぐらい。社会主義国。
人々は陽気で情熱的でラテン気質。ヘミングウェイが生涯を通じて愛し続けた国。
1950年代のクラシックカー、スペイン・コロニアル時代そのままの町並み、チェ・ゲバラのペイントなどが他の島々にはない独特な空気を醸し出し、不思議な力で旅人を魅了する。

首都:ハバナ(HAVANA)
言語:スペイン語
通貨:外人用通貨=キューバ兌換ペソ(1CUC:$1:約110円)
物価:外国人通貨により、アメリカと同程度。ミネラルウォーター500mlで1CUC(110円)
フライト時間:日本からの直行便なし。
メキシコシティ経由で約20時間(成田~メキシコシティ15時間 メキシコシティ〜ハバナ 3時間)
チップの有無:有り。
ビザ:観光目的で30日以内の滞在の日本国民の場合、ツーリストカードが必要。
メキシコシティやカンクン等の乗り継ぎ空港カウンターで購入可。
電圧とコンセント:110VでA,B,C型
四季:亜熱帯地域で一年中気温が高い。5月から10月に雨が集中し、ハリケーンは8月から10月に発生する。湿度は75%から95%だが、雨の少ない1月から4月は気温が下がる快適なシーズンである。

キューバは、かなり上級者向けの旅行先です。

海外旅行したことない、ハワイしか行ったことない、といったやつは、やめておいたほうがいい。

キューバの見どころは

  • 手つかずの美しい自然
  • スペイン・コロニアル時代そのままの町
  • カリビアンブルーの海

といったところですが、これは表のキューバです。

本当のキューバは、社会主義国であり、日本では考えられない事が日常的に発生する、そんな国。

特にキューバは、アメリカ資本が入っておらず、マックもスタバもありません。コンビニもありません。

看板や広告の類も少なく、スペイン・コロニアル時代そのまま街並み。

大半の日本人は、見たことがない。タイムスリップしたかののような街並みです。

なにをするにも

調べながら

聞きながら

でないとできない。

看板や標識、案内といった気のきいたものはありません。

資本主義国の常識は、通用しない。

ネットや地球の歩き方で、ある程度、調べていったとしても

どうにもならないというか・・・

想像を上回るというか・・・

それが本当のキューバです。

なにがなんだが、あらゆる事がハチャメチャで、わけわかんない国。

非日常を体験する。それがキューバに行くってことです。

 キューバに行く前に

キューバに行くって決めたなら、ガイドマップなんか見る前に、キューバの歴史を勉強してください。

歴史を理解して行くのと、知らずにいくのでは、キューバの捉え方が変わります。

このサイトで勉強できます。 絶対、読んでから行ってください。

理解せずに、行くと、社会主義国って、ハチャメチャだなとしか捉えられないです。

 

 キューバに行ったら、やるべきこと。

①現地のものを現地の通貨で買い物する。

キューバの通貨は、外人用のCUCと現地人用のCUPがあります。

旅行者は、当然、外人用のCUCを使うのですが、外人用のCUCでの買い物は、水だろうが、コーラだろうが、全て外人用で外人通貨価格です。

そして、外人通貨での価格は、日本やアメリカと変わらない値段、物価です。

キューバの現地人の月収は、3000円程度です。

よって、現地の物価というのは、絶対、安いはずですが、外人は、その物価で物を買うことは許されていません。

国をあげての外貨獲得です。

現地人用のCUPが入手できたら、試しに、現地の店で、現地のものを現地通貨を使って買ってみましょう。
サンドイッチでもピザでも、いいです。
マジか?というほど安いです。

でも、外人は、外人用のCUCを使いましょう。

キューバの観光産業です。 現地人用通貨を使いまくるのはやめましょう。

②サルサを聞きに行く!

ラテン音楽サルサ。レストランには、だいたいバンドがついていて、サルサを演奏してくれます。

キューバ サルサバンド

食事でなくても、お茶するだけでも、バンドのいるレストランに入って、サルサを聞きましょう。

お酒を飲む人は、モヒートを頼みましょう。

サルサを聞きながら、モヒートを飲む。

異国・別世界にやってきたことを実感するでしょう。

サルサとモヒートに酔いしれましょう。

キューバに酔いましょう。

③ 民泊する

キューバの宿泊施設は、ホテルとカーサと呼ばれる民泊に分けられます。

ホテルは、割と高めのホテルしかなく、ホステルやドミトリーはあまりありません。

安宿としては、カーサと呼ばれる民泊となります。

カーサは、Airbnbで検索して予約します。

現地人の家に、ちょっとホームステーをするような感覚です。

観光地から少し外れて、現地の人の家に泊まる、本当のキューバの街の空気を知る。

これも本当のキューバ。

キューバ ハバナ 街並み

民泊について、簡単に書いたが、観光地でないエリアは、危ない場所もいっぱいあります。

十分に注意して宿泊してください。

④ビーチへ繰り出す!

見たことのないような青い海。

カリビアンブルーの海に真っ白な砂浜。

様々な国の人たちが、思い思いのスタイルでビーチタイムを過ごしています。

キューバ来たなら、ビーチは必須です。

キューバ カリブ海 ビーチ

オススメは、ビーチ沿いにあるオールインクルーシブのホテルに宿泊し、1日中、ホテルにいて、ビーチで、あらゆるお酒を飲みながら、リラックスすることです。

これも、本当のキューバ。

 キューバの注意点

まず、治安。

キューバは、銃がないぶん、他の中米諸国よりは治安は良さそうですが・・・

危ない路地は、いっぱいあり、黒人さんが多くて異次元な雰囲気です。

特に夜は、危ない路地には、立ち入らないように注意が必要でしょう。

いろんなキューバの人から、声を掛けられると思うが、海外で声を掛けてくる人は、だまそうとしていることと同義です。

十分に注意してください。

あと、野犬がそこら中におり、ウンコが・・・

これを注意して歩かないといけない

夜は特に注意!

 本当のキューバ

キューバでは、なんでもない事で、いろんな苦労します。

あらゆることで行列に並びます。

日本では、当たり前にできることが、当たり前にはできないです。

水を買う事。

インターネット繋ぐ事。

ホテルを確保する事。

洗濯する事。

お金をおろす事。

お金両替する事。

キューバで簡単なのは、昼間から酒を飲む事と音楽を聞く事、お金を払う事です。

思い知ると思います。

想像をはるかに上回る、街も、人も、価値観も異次元。

街は、観光名所以外は、汚い。

現地の人は、道端で屋台めいたとこでサンドイッチやピザを食べます。

路地は、食べカスやゴミ、タバコがポイされて汚いです。

そして、くさい。

キューバは、50年前にタイムスリップ!みたいな観光文句だが、ウソじゃないです。

50年前から変わっていない

というか変えられなかったんだ。

この国は。

50年前の物、車、建物を今も 仕方ないから使っているんだ。

それでも、人はみんな底抜けに明るい。刹那に今を生きている。

それが本当のキューバ。

以上 「カリブの楽園 キューバ。キューバのお金、音楽、宿泊事情。本当のキューバの注意点、教えます。」でした。


【お知らせ】ITエンジニアに興味がある方へ

このブログの管理人がITエンジニアになりたい人を応援するブログ
CuF. ITエンジニアの道」を始めました。是非、見てやってください。


-TRAVEL

Copyright© かっこいいおじさんになろう。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.